Top >  メニュー >  結婚式は誰のため?

結婚式は誰のため?

"恥ずかしがり屋で現実主義のため、結婚式はやらなくてもいいと思っていた新婦ですが、新郎の望みと、親や今までお世話になった人達、これからもお世話になる人たちへの感謝を表す機会として、また人生の転換点のけじめとして小さくても心のこもったおもてなしのできる結婚式を手作りですることにしました。

小さなホールを個人的に借りて、結婚式をし、終わってから友人の手作りのお菓子やコーヒーなどを用意してくつろいでもらいました。

親しい親族と家族には夕食のレストランを予約して、そこで記念品を一人一人に手渡ししました。アフタヌーンティーの年代入りカップ&ソーサーでしたが大変好評でした。

成功してそれは良かったのですが、すべて手作りだったため新郎が決定しなければならない事項が多く、疲れて腰痛になってしまいました。

でも、友人に手伝ってもらって自分達で準備したので感謝の気持ちたっぷりの式になりました。
実際当日は涙、涙、の一生の思い出に残る結婚式になりました。
結婚式なんてやらなくていいと思っていた新婦も結婚式をして本当によかったと思いました。
特に良かったと思ったのは、式の中にサプライズで両親への花束贈呈をしたことです。
父親が号泣していました。
結婚式は両親のためにしてよかったと心から思った瞬間でした。

"

メニュー

関連エントリー

結婚相談所の種類 結婚相談所での流れ 結婚相談所に興味を持っている人とは 結婚相談所のイメージ 結婚相談所のアドバイザー 第一印象はプロフィールと写真である 女性が男性に求めるもの 男性が女性に求めるもの 相手の方とデートをする時のポイント 条件に拘り過ぎない事 結婚式は誰のため? 恋愛してきれいなりたいのですが お台場はいいデートスポット 婚活での強いこだわりは足かせになっているかもしれません 気になる婚活方法 よ~く見極めたらネットの出会いも悪くないのでは? いまどきの結婚って・・・?! 海が見える教会での挙式 海であげる挙式 真夏のビキニ姿の花嫁 結婚式の必要性 男性女性で違う価値観 式を挙げない人も増えていますよね 価値観の合う相手が一番 誠実さに勝るものはない 男は経済力です 周りに人が誰もいなくなることを思うと結婚しておく 私の新婚は大体2年くらい・・・でした 良い面も良くない面もあると思います 残念な結果でしたが。 姓が変わって呼ばれやすくなった きっかけが難しい夫婦喧嘩の後の仲直りの仕方