Top >  メニュー >  真夏のビキニ姿の花嫁

真夏のビキニ姿の花嫁

"私たちは7月に結婚しました。暑い時期に結婚式する事に特に抵抗を感じていませんでした。
夏に結婚式を挙げた理由は、付き合ったのが7月だったから、7月にゴールインしたかったからなんです。
真夏に式を挙げるとなって、ゲストは嫌だろうな?と思いました。
でも、真夏は、挙式をするにはリーズナブルで済みました。
比較的、会場の空いています。それに、海の見えるチャペルで式を挙げたのですが、海がとてもきれいで暑い中でしたが、ゲストは軽装で来てもらっていたし、私たちも、ビキニスタイルで式を挙げたんです。それが今だに印象的な式だったと、友達からも言ってもらえるので、夏をうまく利用した結婚式を挙げれて正解だったと思います。
その後、披露宴はやはり海が近くで見えるホテルでした。今度は、ウエディングドレスを姿で登場しました。
食事のデザートは私が昨夜、徹夜して作ったお手製、フルーツポンチを出させてもらいました。大きなスイカをカットして、スイカの皮をお皿代わりにしたあれです。
なかなか美味しく出来て、夏らしい演出に好評でした。
会場もトロピカルをイメージした装花をお願いしたんです。
夏が好きな私たちらしい、結婚式が出来た、と今でもよく話ています。
"

メニュー

関連エントリー

結婚相談所の種類 結婚相談所での流れ 結婚相談所に興味を持っている人とは 結婚相談所のイメージ 結婚相談所のアドバイザー 第一印象はプロフィールと写真である 女性が男性に求めるもの 男性が女性に求めるもの 相手の方とデートをする時のポイント 条件に拘り過ぎない事 結婚式は誰のため? 恋愛してきれいなりたいのですが お台場はいいデートスポット 婚活での強いこだわりは足かせになっているかもしれません 気になる婚活方法 よ~く見極めたらネットの出会いも悪くないのでは? いまどきの結婚って・・・?! 海が見える教会での挙式 海であげる挙式 真夏のビキニ姿の花嫁 結婚式の必要性 男性女性で違う価値観 式を挙げない人も増えていますよね 価値観の合う相手が一番 誠実さに勝るものはない 男は経済力です 周りに人が誰もいなくなることを思うと結婚しておく 私の新婚は大体2年くらい・・・でした 良い面も良くない面もあると思います 残念な結果でしたが。 姓が変わって呼ばれやすくなった きっかけが難しい夫婦喧嘩の後の仲直りの仕方